東京桜武舘について

九州佐賀県で56年続く桜武舘(おうぶかん)の東京道場として20年前に設置されました。落合南長崎駅徒歩5分の新宿区立落合第二中学校体育館で活動しています。

 

「剣道修行を通して、思いやりの心を持つ日本人を育成する」との、桜木哲史舘長の信念を柱に、勝ち負けよりも「道」としての剣道を指導しています。

身体を鍛え、知性を高め、質実剛健を旨とし、日常生活においてもそれらを生かし、心身ともに定着させることを重要視します。剣道を通した人間形成、相手を敬い自分を律することを基本とする道場です。

東京桜武舘

桜武舘は九州佐賀に本部を置く、剣道の名門道場です。本部道場は昭和34年設立。東京道場は平成元年設立です。

  道場訓

もののあわれを感じ

風流で優雅さがあり

思いやりのある

     日本人たれ

 

見学体験希望の方

5歳から大人まで、常時、稽古生を募集しています。お気軽にお問い合わせください。稽古日はこちらをご覧ください。